選べる4つの相談方法

ACCESS MAP

お問い合わせ

先生のチカラ
にじファクトリーgroup

〒343-0111
埼玉県北葛飾郡松伏町松伏188-1
TEL:090-5403-3111
FAX:048-992-3700

【営業時間】
[お電話でのご相談] 15:00~21:00
[メールでのご相談] 随時受付

【対面相談対応エリア】
[埼玉県]
松伏町、越谷市、吉川市、春日部市、
三郷市
[千葉県] 野田市、柏市
[東京都] 足立区、荒川区、文京区

【定休日】無し

※土曜日・日曜日はご都合の良い時間帯をお伝え下さい。

選べる4つの相談方法

対面でのご相談

対応エリア内のカフェなどでお待ち合わせをしましょう。お友達と会話を楽しむ感覚で、想いやお悩みをお話いただけたらと思います。お一人での対面相談はもちろんですが、お友達の先生をお誘いして数名でのご相談も承っております。弊社隣接のクラブハウスも無料でご利用いただけます。

メール相談

場所と時間を気にせず、ご相談いただけます。「対面での相談はなかなかできない…」「相談に行く時間がない…」という方にもおすすめです。営業時間外でも対応可能です。海外で働く先生も、ぜひご利用ください。

お電話・FaceTime相談

日本国内なら、どこからでも相談可能です。営業時間外のご相談も、可能な限り対応させていただきます。お気軽にお申し付けください。

お悩み相談会

保育、教育現場でのお悩みを共有したり、時には子どもたちへの熱い思いを語り合ったりして、先生というお仕事へのやりがいや自信を高めませんか。皆様のお越しをお待ちしております。

イベントの更新につきましては、トップページ、ブログ、フェイスブック等をご覧ください。

ご相談へのご回答例

保護者の方にお子さんの発達の遅れを伝えたが、なかなか受け入れてもらえない。

「我が子に障害がある」と分かった時に一番の壁となるのが「受容」だそうです。想像してみてください。十月十日お腹の中にいた我が子に、ご両親はどのような希望を抱くでしょうか。障害の受容にはいくつかのプロセスがあるそうです。 (例:ショック期→否認期→混乱期→解決への努力期→受容期)

もちろん、このプロセスは人によって異なり、一定の期間が長い方もいらっしゃれば、短い方もいらっしゃいます。まずは保護者の方がどのような時期にいらっしゃるのかを見極める必要がありますね。最近は見た目では障害だと分かりにくい発達障害のお子様がいらっしゃいます。身体に障害を抱えるお子様の親御さんの「受容」とは少々異なるプロセスをたどられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、お母様の中にはお子様の障害を「自分のせいだ」と責めてしまう方がおられますので、先生方には上記のプロセスを考慮して頂き、保護者の方のお気持ちに寄り添った言葉かけをして頂きたいです。「我が子の障害受容には時間がかかって当然だ。時間をかけてゆっくり受容していってほしい」という、学校・保育園・幼稚園全体の先生方の温かな見守りと温かな言葉かけが受容へとつながるのではないでしょうか。

その他のご相談へのご回答は、ブログをご覧ください。

ご感想紹介

20代 保育士 T・Mさん

今回初めてまちこさんと話しとても気持ちが楽になりました。
東京で働いていますが毎日毎日時間に追われ、何かクラス内の事があれば私のせいになり先生方とは、壁を作りコミニュケーションが取れない日々を送っています。 そんな中、まちこさんと電話させていただき本音や今の私の気持ちそして辛いこと嫌なこと、そのまま伝えることができ、少しずつ気持ちが前向きになってきました。まちこさんと出会えて良かった(^^)
これからは、仕事もそうですが、まちこさんの活動をお手伝いできたらと思っています。本当にありがとうございます。

30代 小学校教諭 T・Aさん

鈴木さんに相談する前は、どこまで自分のことを理解してもらえるか不安でした。でも、鈴木さんは、学校に以前勤めていた方なので、学校のことをいちいち、こと細かに説明をしなくても、言外に分かってくださるので、すごく話していて楽でした。
まわりの友達や家族も忙しく日々精一杯で生きている中、ゆっくり自分の話を聞いてもらえる機会は、なかなかありません。そんな中、鈴木さんに話をすることで、自分や仕事を客観視でき、問題点や自己肯定感を高めることができました。鈴木さん、本当にありがとうございました。

30代 元小学校教諭 M・Sさん

最近は他の人の愚痴を聴いてあげられる心の余裕が出てきました。

20代 元保育士 Y・Sさん

真知子さんは、私が日頃見ないように避けている自分の弱い部分と向き合わせてくれる感じがしました。

30代 保育園の先生 S.Yさん

障害児の保育についてお聞きしました。子どもの障害について知識がなく、まとまらない私の質問も、真知子さんは真摯に受け止め、簡潔にわかりやすく答えてくださいました。今後どうしていけば良いのかアドバイスもいただけ、モヤモヤしていたものが見えてきました。ご相談させていただけて本当に良かったと思いました。

20代 特別支援学校の先生 Y.Iさん

色々とお話を聞いてくださり、ありがとうございました。今回も気持ちがスッとしました。マイナスなイメージを無くして、自分を好きになります。

30代 育児休暇中の先生 O.Kさん

主人に対する悩みを相談しました。いつもは話を聞く側になることが多いので、こんなに自分のことを話したのは初めてかもしれません。真知子さんが全部受け止めてくれたので本当に話しやすかったです。

30代 退職を悩まれていた先生 S.Rさん

特別支援学校で8年間勤務をしました。アドバイスを受け、自分には何ができるのかを真剣に考え、行動することができました。新しい仕事ができることに感謝し、チャレンジをしていくことの大切さに気づきました。障害を抱える全ての子どもたちにとって、ゆったりと、ホッとできる、わくわくする放課後等デイサービスの開業を目指し、頑張っていきます。